「無題」

29期生 轟紀代子



私はずっと探していました。

人の体に触れているといろいろな事を感じるものです。

優しい笑顔で話していても、いざ体を触ると固く緊張し暖かみがない。

まだ小さい子供達を残し、遠い地で伴侶が去った事を知らされ、笑顔の裏にたくさんの悲しみを抱えていた女性、、、力を抜く事ができず、約一時間の間、私の手はずっと“しびれ”を感じ、何度も鳥肌がたつ。

腰がパンパンに張って、歩くのも辛い女性、、、“お願い”といって訪れる。

 

数年前、海外で手技療法に携わっていた私は

経験を重ねるごとに自分の技術・技量の足りなさに悩みました。

一時だけのものではなく、根本に働く技術はどこにあるのか?

当地の療術を探しましたが納得できるものが見つからず、インターネットで心の向くままに調べていましたら、井本整体に辿り着きました。

“命に礼をつくす”

惹かれた瞬間でした。

相手の内にある生きる力を誘導できる技術、日々、表面的でない本当の技術に触れ、その奥深さに感動しながら、一道場生として学ばせていただいています。

この世に生まれた誰しもがいつかはこの世を去っていきます。誰かが去り、また誰かが生まれてきます。大きな流れのなかで、みんながつながっているんだな、と感じます。

生まれてきた事に感謝し、授かった命に感謝し、その命をいつくしむ。

井本整体をとおして、自分の心と体に向き合うこと。

秋の東京セミナーをきっかけに、少しでも多くの方に感じていただけたら素敵だなと思います。


Comments